週刊ガラRADIO 2017.6.25 第195回 プレイリスト

M-1 THE ROLLING STONES 「Bitch」

ユニバーサルミュージック、『ロックの“最高傑作”50』キャンペーンがいよいよ17日から開始!
番組では勝手に応援企画といたしまして、この50枚のアルバムからキャンペーン期間中
毎週1曲をマツモトの選曲にてお届けしてします。

今回はローリングストーンズ・レーベル起ち上げ後、バンド初のアルバムとなった
1970年発表のアルバム「Sticky Fingers」から選曲。
先日、キースの前夫人(入籍はしていなかったが)アニタ・パレンバークの訃報が伝えられたばかり。
奇しくもふたりの蜜月が始まった頃の、バンドとしても新たな時代のさきがけとなったアルバムです。

もちろん、アンディー・ウォーホル(Andy Warhol)のジャケットも有名。

 

M-2 CARLY SIMON 「More and More」

続いては、6月28日にワーナー・ミュージックから70年代洋楽の数タイトルが
低価格のSHM-CDで再発になる中からの1枚「Playing Possum 」から選曲。

この曲にはDR.JOHN、RINGO STARRなど豪華メンバーがバックを務めています。
ジャケットもそのセクシーさより有名な一枚です。

また、この日6月25日はカーリー・サイモンの72歳の誕生日でもありました。

    

M-3 RY COODER 「Great Dream From Heaven」

カーリー・サイモンと同じく6月28日にワーナーから低価格SHM-CDで再発になる
その中からの1枚、ライ・クーダーの3rdアルバム「Into The Purple Valley」から選曲。

番組ではおなじみ、濱口祐自さんもカヴァーした名曲。
ライ・クーダーでまず手始めに何を聴くか?と言われたら
このアルバムになるんじゃないかな、と思います。

  

M-4 MICHEAL JACKSON 「You Are Not Alone」

最後はこの日8回目の命日を迎えたマイケル・ジャクソン。
当時ベスト盤と新作とを合わせて発売された2枚組アルバム「History Vol.1」から
世界No.1の大ヒットとなったシングルカットされたもの。

歌の内容は男女間のラブ・ソングのようですが、途中から2人称の「You」が
1番と2番でブーメランのように双方向からの内容に入れ替わるなど
マイケルならではのトリッキーな歌詞でありながら、どこか普遍的な「愛」のようなものを
感じさせるスケール感あるバラードです。

偶然にも大きな訃報のあった週ですが、結果として番組締めにこの曲を選んでよかったと思いました。

 

あなたからのリクエスト募集中(^^♪

…さて、あなたのお好きな曲、アーティスト、興味をお持ちになったものはありましたでしょうか。
番組ではみなさんからのリクエストを募集しています。
あなたの好きなアーティスト、曲、それらにまつわる想い出なども添えて教えてくださいね。

「週刊ガラRADIO」の詳細はコチラ

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

Twitter でマツモトをフォローしよう!