週刊ガラRADIO 2017.7.2 第196回 プレイリスト

「週刊ガラRADIO」ロゴ2

M-1 HUEY LEWIS & THE NEWS 「The Heart Of Rock’N’Roll」

ユニバーサルミュージック、『ロックの“最高傑作”50』キャンペーン中
番組では勝手に応援企画といたしまして、この50枚のアルバムからキャンペーン期間中
毎週1曲をマツモトの選曲にてお届けいたします。

今回は今年(2017年)に来日が決定したヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュースの世界的メガヒットアルバムから。
マツモトもちょうど高校~大学のアメリカン・ロック・ブームの最中にいたのですが
このアルバムのほとんどの曲をMTVなどで観ない日はないくらいでした。

その後好きになる先日もご紹介し、来日公演も大成功だった(大阪来てよ!涙)ニック・ロウと関係が深かったことは
かなり後に知ることになります。

  

ちなみに2013年には30周年記念デラックス盤も発売されていたようですね。

M-2 BRUCE HORNSBY & THE RANGE 「Mandolin Rain」

続いてはそのヒューイ・ルイスに才能を見出されて音楽シーンに登場し
デヴューからいきなり世界的大ヒットを放ったブルース・ホーンズビィ。
この曲はブルース・ホーンズビィ・アンド・ザ・レインジのデヴューアルバムからシングルカットされ大ヒットしたもの。
元々、ブルース本人はデヴュー時のロック的なアプローチよりもカントリーやブルーグラスといった
ルーツ・ミュージックに興味があり、デヴュー曲で大ヒット曲の「The Way It Is」よりも
彼ららしさの出ている曲だったのだと、今からすれば思えます。

どうやら日本盤はレーベルの関係ですでに廃盤のようですね。
輸入盤や配信ではジャケットを変えたりして今でも聴けるようです。

  

M-3 THE MODERN JAZZ QUARTET 「One Bass Hit」

続いてはこの日7月2日が命日だったRAY BROWNのMJQ時代の曲。
2002年に75歳で亡くなるまで、OSCAR PETERSONはじめ多くのミュージシャンと共演しています。
今回は僕も愛聴盤のMJQの名盤より選曲しました。

    

M-4 OASIS 「Don’t Look Back In Anger」

最後は先日のグラストンベリー・フェスティヴァルでソロになった元オアシスのリアムが
アカペラで歌ったことも話題になったこの曲。
前日には兄ノエルもこの曲がマンチェスターやロンドンでのテロ事件の追悼で歌われたことについて語り
すでにこの曲の印税をマンチェスターで被害に遭った方々への支援のために寄付することを表明していた。

この世界でかつて怒りや暴力で何かが解決したことがあっただろうか。
いつまで僕らは学ばなければならないのだろう。
そのためにこれ以上どれだけの犠牲が必要というのか。

そしてこうして音楽を始めとする多くの文化を享受するチャンスを
何人(なんびと)も奪うことはできない。

 

あなたからのリクエスト募集中(^^♪

…さて、あなたのお好きな曲、アーティスト、興味をお持ちになったものはありましたでしょうか。
番組ではみなさんからのリクエストを募集しています。
あなたの好きなアーティスト、曲、それらにまつわる想い出なども添えて教えてくださいね。

「週刊ガラRADIO」の詳細はコチラ

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!