自分だけのゴールを描けていますか

マツモトです。

先日、ありがたいことに以前より個人面談を希望されていた方とセッションを行いました。

といってもその方はまだ何か事業を経営しているといったような方ではなく
男女の性別も立場も今は書けませんが
年齢的にも僕と近い方で、将来に漠然とした不安を抱えていて
けれど、何か心のどこかでまだ自分にやり残したことがあるといった思いが消えず
今後、自分のやりたいことで生きていきたい…

といった内容のご相談でした。

もちろん、詳しい内容については守秘義務があり公開できませんが
このブログに他の同じような方に何か参考としていただけるならば
抽象的にでよければ書いてくださってOKです、と事前にご本人様より快諾いただいております。

僕の場合、相談の入り口は例えば「起業したい」とか「こんな商品を売りたい」などといった
ビジネスのカテゴリーからであっても
お話を進めていくうちにメンタル・カウンセリングの側に寄りがちになります。
今回もそんな感じで進みました。

「自分のやりたいこと」が言えますか

そもそもこの世の中には「やりたいことが何なのかわからない」という人が
老若男女かかわらず、意外にたくさんいらっしゃるのではないかと思います。
そんな中で「やりたいことがある」というのは実のところ
それだけでも素晴らしいことだと僕には思えます。

で、「やりたいこと」を実現させるのに
会社組織に属しているかどうかは、本当は関係がない、と僕は思います。
それがビジネスであろうとなかろうと、です。

最近では「副業OK」という会社だって結構増えているんじゃないか、と思いますし
僕にしてもデザインやらコンサルやらカウンセリングやらライターやら講演やらDJやらもやる
兼業主夫(笑)といったていたらくで「一体何やっているのかわからん」と呼ばれる人も
結構いらっしゃると思います。
趣味にいたってはなおさら、自由です。

僕自身、決して成功者とは言えないかもしれないけれど

僕自身も10年ほど前にそれまでに勤めていた印刷会社を辞めることになり
実質二回目の独立をするわけですが決していいことばかりではなかったことも事実です。

ですが、多くの方々がご苦労されている商業出版も
自分ではブログも書いておらず、何か大きなコネを作るような活動もせず(笑)
にもかからず、ひょんなことからお声をかけていただき
出版後も大したキャンペーンもしなかったにも関わらず
結果的にアマゾン3位にしていただいたり
全国各所から講演に呼んでくださったり
小さいころからの夢のひとつであったラジオDJになることもできました。

正直、経済的には苦難の連続でまったくもって成功しているとはいいがたく
起業家、経営者としては落第組ですが
それでも会社員時代には絶対に経験できなかったことや多くの出会いなどは
おカネには代えがたい経験であることには間違いがないです。
※多少の負け惜しみも込めてますけれどもネ(≧▽≦)
そうした自分自身の決して成功しているとはいえないという経験も
今となっては自分の武器になっている、と思っています。

「名選手、必ずしも名監督にあらず」で、決して一流の成功をしていたからといって
他者への指導に向いているわけではなく、成功させられることが約束されているわけでもない。
むしろ指導やマネジメントの才能に特化した人はその能力で誰かを成功させることが可能である。

ゴールのカタチは、人それぞれ

まぁそもそも「成功」というもののイメージが各人によって違いがある
ということに気づく感性がまずは大事になると僕は考えていて。
巨万の富を得ることが成功だと考える人もいれば
誰よりも自由な生き方とそれを実現する時間を得ることが成功だと考える人もいますし
今の平穏な暮らしを維持していくことが成功といえばいえるのかもしれないと考える人もいます。

いずれにせよ

自分にとって何が大事なのかを一番に考えることが、自分にとっての成功への一歩

ということなんじゃないかと思います。

起業するかしないかとか
経済的に豊かになることが必須だとかは
あくまで自分の描く成功にとって「必要となる条件」かもしれませんが
それそのものが決してゴールではないかも知れないのです。

それぞれのゴールは誰にでもない
「自分自身だけのゴールのカタチ」
でいいんだっていうことを心に留めておいてくださいね(^-^)

僕自身の仕事…たとえばコンサルティングやカウンセリングはもちろんですけれど
デザインもDJという一見やり方も見え方、示し方も違う仕事ではありますが

関わったそれぞれの方が持っている「ゴール」を一緒に描いていく

ことだと思っているのです。

ゴールへの階段

一緒に上っていけるような人にまだまだたくさん会いたいですね(^-^)

 

今日は書いていて
Mr.Children「光の射す方へ」という曲が浮かびました。
※残念ながらSpotify、Apple Musicに未エントリで試聴はできません。

最近ようやく配信限定のベスト盤が聴けるようになったようですね。
個人的にはこの時期の彼らが一番好きかな。

  

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!