週刊ガラRADIO 2017.5.21 第190回 プレイリスト

M-1 WE BANJO 3「Happiness」

昨年の来日でかなり話題を呼んだアイルランド出身のアコースティック・グループが今年も来日決定!
しかも今年、ピーター・バラカンさん監修の Peter Barakan’s Live Magic に出演決定!
マツモトもこのバンドをLive Magicで観るのが楽しみです(^_^)v

 

 

    

M-2 濱口祐自「妙法の夕ぐれ」

同じく Peter Barakan’s Live Magic に出演決定の濱口祐自さん。
Live Magic 初開催時より4年連続の出演は今のところ祐自さんだけです。

この曲はインディー時代のアルバム「竹林パワーの夢」に収められたもので
先日マツモトがお邪魔した和歌山・橋本市でのライブでは
自作の「竹ギター」でこの曲を演奏なさっていましたが
まさにこの曲のためにできたギターといってもいいほど、いい音鳴っていました!
※Spotify、Apple Musicともにエントリありません。

M-3 JOE COCKER「Cry Me A River」

ユニバーサルミュージック、『ロックの“最高傑作”50』キャンペーンがいよいよ今月17日から開始!
番組では勝手に応援企画といたしまして、この50枚のアルバムからキャンペーン期間中
毎週1曲をマツモトの選曲にてお届けいたしますが
今週はキャンペーン開始後、初の番組ということで3曲を選曲しました。

まず1曲目はJOE COCKERの1970年の名作ライブから。

    

M-4 LEON RUSSELL「Hummingbird」

続いては同じ1970年のアルバムで、M-3のライブの仕掛け人の役割をした
レオン・ラッセルのソロ・ファーストアルバム「LEON RUSSELL」から。


    

M-5 THE CARPENTERS「This Masquerade」

最後は1973年のカーペンターズの大ヒット傑作アルバムから。
曲は言わずと知れたレオン・ラッセルの名曲。
このアルバムそのものがハズレ曲なしの一家に一枚の名盤中の名盤です(^-^)

それにしてもこうしてこの3つの曲を並べてみると
これらすべてに関わったレオン・ラッセルが
昨年亡くなってしまったことはかえすがえすも残念でなりません。

   

あなたからのリクエスト募集中(^^♪

…さて、あなたのお好きな曲、アーティスト、興味をお持ちになったものはありましたでしょうか。
番組ではみなさんからのリクエストを募集しています。
あなたの好きなアーティスト、曲、それらにまつわる想い出なども添えて教えてくださいね。

「週刊ガラRADIO」の詳細はコチラ

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

Twitter でマツモトをフォローしよう!