奇跡はいつも起きている

マツモトです。
いつもありがとうございます(^^)/
 

このところブログはごぶさたでしたので
徐々にアップを、と思っていたところ
闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さんがご逝去の報道がありました。

僕も父親を癌でなくしていますので
ご家族の心痛…特に有名人ということで
これまでにも報道やたくさんの方々からのご支援などを思うと
さらにいかばかりかと察します。

 

もちろん僕は直接の知り合いでもなんでもないので
このことにコメントするのは少々はばかれるのですが

ひとつだけ報道のセンテンスを拝見して書いておこうと
思ったことがあるので備忘のために書いておきます。

 

「奇跡は起きなかった」

という見出しが見えました。

僕はそれは少し違うな、と思います。

 

「奇跡」はもうとっくに起きていたんですよ。
ご夫婦、ご家族にとってそれは毎日起きていたのだ、と僕は思います。

もっと言えば本当は僕にも、あなたにも、そして誰にも、です。

本当は奇跡はあまねく僕らみんなに起きているんです。

ただそれに気づいていない

というだけなのです。

 

僕らはみな

こうして今生きていることそのものが「奇跡」なのだ

と僕自身は考えています。

特に戦禍の国でなくとも、この地球上では毎日数えきれないほどのいのちが失われています。
それは少し想像すればわかることですが、我々は周りのことしか基本的に見えていません。
そのことが悪いことではないのです。

ただこの当たり前の今置かれている状況は
あまりに当然のことと思って何も感じないのです。
それどころか「くだらない毎日」とすら思うこともあります。

以前の日記で「たまたま」ってことについて書きました。

まさに生きていることっていい意味での「たまたま」です。


この時代の
この国の
この街の
この家族の
中で生まれて生きてきた…

いろんな偶然…「たまたま」が重なって
今がある、と僕は考えています。

僕らは今日、麻央さんが生きたいと思っていた一日
海老蔵さんやお姉さんの麻耶さんたちご家族がとても大事な時間と思っていた一日
そんな奇跡の時間を生きているのです。

 

麻央さんの最後のブログの締めの言葉は

「皆様にも、今日 笑顔になれることが
 ありますように。」

だったそうです。

 

今日笑顔になれるかどうかは
自分自身が決められるのです。
 

今日も明日も笑顔でいきましょう(^-^)
一日中でなくたっていいじゃないですか。

たった数秒
今日一日を迎えた「奇跡」を感じた時だけでも
笑いましょう(^-^)

 

今日はこんな美しい曲が思い浮かびました。

 

どうぞ今度こそ静かに、安らかに。
 
 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!