しあわせは、なければ自分で作り出そ

マツモトです。
いつもありがとうございます(^^)/
 

前回は
「今ここに集中しよう」ということで
「今がしあわせ」と思うことが大切、というお話でした。

 

とはいえなかなか「今、自分がしあわせ」と思うことはむずかしい…
かもしれませんねぇ。

 

では、ひとつ質問していいです?

あなたにとってどういう状態なら自分が「しあわせ」と言えますか?

ん…

これでもまだむずかしい?

なら…

あなたにとってこれまで
「しあわせだ」「ハッピーだ」「心地いい」
と感じた出来事を思い出してください。
それもできればひとつでも多く。

 

僕の場合ですと
好きな人たちの顔や一緒に過ごした出来事を思い出しますね。
好きなアーティストのライブに行った時のことのような
インパクトの強かった非日常のこともありますね。

そういうことはどこにいても可能です。
それがたとえ今目の前になくとも
過去のそうした体験やイメージなどを引っ張り出して
反芻(はんすう)するだけでも
少し気持ちが変わってきます。

それが自分でわかったら
どんどん「楽しかったこと」を思い出してください。
あの頃の出来事を映像にして今見ているように。

 

そんなことかぃ!
と思われるかもしれませんけど
この方法ってすごく大事なんです。

 

実は僕こそが誰よりも
元来日常的にネガティヴなことばかり
考えてきた人間です。

ほとんどあらゆることに対して
悪い想像しかできませんでした。

「また失敗するんじゃ…」
「また何かイヤな結果になるんじゃ…」
「どうせオレなんかまた嫌われるんや…」

というように。

で、実際その想像に引き込まれていくように
事実が伴っていったことが何度もありました。

 

今から考えると恐ろしいことです。

前回までに僕は
「本を読む」という新たな自分に出会った
と書きました。

自分の悩みをどうやったら解決できるか
それを探し求めていく道の途中で
宗教や心理学や脳科学などの分野に出会うことで

 

僕はいかに自分が恐ろしいことを
今までしてきたのか
とわかったのです。

ここからはまた長くなりそうなので
次回以降も引き続き書いていきますね。

ひとまず

「今、自分はしあわせだ」と思うこと。
それが難しいなら、過去に起こったしあわせな出来事や自分の好きな人…恋人でも家族でも大ファンのタレントさんでもいいので思い出すこと。

 

まずはここから始めてみてくださいね。

とにかく「具体的に」イメージしてみましょう。

まず自分の頭の中で「しあわせ」な空気を作ってみる。
そのために


あらゆる体験や好きなモノ、ヒト
それらをできるかぎり思い出して
頭の中で映像化してみよう。

 

僕は…ムフッ(*´艸`*) ナ・イ・ショ(≧▽≦)

※よかったら メッセージ や facebook のコメント欄にでもかまいまんので
 気軽にご感想お寄せください。
 僕の ラジオ番組 のほうにも大歓迎です(^-^) 

 

 

さて、最後に今日の一曲です。

MICK JAGGER「Wired All Night」

本日、7月26日はストーンズのミック・ジャガーの74歳の誕生日。
やはりミックのソロからのチョイス、というわけで
個人的にはこの93年に何の前触れもなく
ササッとリリースされた本作「Wondering Spirit」が
最も気に入っている一枚で、その一曲目に収録されている曲です。

レコード会社もそれまでのソニーからアトランティックに移り
まるでストーンズのミック・ジャガーを自ら演じて
カヴァーをしているかのような、それほどアグレッシヴでもあり
カントリーやソウルなどのミックが愛するブラック・ミュージックへの
リスペクトが詰まったアルバムです。

  

そして…
いよいよストーンズが12年ぶりのオリジナル・アルバム
(昨年発売の前作はブルーズのカヴァーアルバムでしたので)
が制作されていることが明らかになりました!

そう考えると
未来は楽しいことでいっぱい
なんですね(^-^)

 

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!