週刊ガラRADIO 2017.8.6 第201回 プレイリスト

「週刊ガラRADIO」ロゴ2

M-1 TOM CURREN 「You And You Alone」

昨日ゲスト出演くださった和歌山大学駅前ふじと台ライブハウスSHELTERの浅井代表の選曲で
SHELTERオープン以来の夏のライヴ・イヴェント「ALOHA HEAVEN Vol.5」のメインアクトとなる
トム・カレンの現在における最新アルバム「IN PLAIN VIEW」から。

この曲はそのアルバムの一曲目に収録。

サーフィン界の世界的レジェンドであり、ミュージシャンでもあるトムのサウンドは
FUNK,JAZZ,BLUESとアメリカ西海岸のシンガーソングライター系のメロウなサウンドを融合させた
まさに「コンテンポラリーなサーフ・ミュージック」。

ALOHA HEAVENには今回で2回目の出演となります。

ALOHA HEAVEN Vol.5

【日時】8月25日(金)開場 19時 / 開演 20時

【出演】TOM CURREN (featturing 西藤ヒロノブ) / Leyona

【チケット】前売 4000円税込 / 当日 4500円(ドリンク代別途)

お問い合わせは SHELTER まで

ALOHA HEAVEN VOL.5

 

   

※Spotifyでの配信はありません。

M-2 BADEN POWELL 「Tristeza」

2曲目はこの日が誕生日であった
ブラジルのヴォッサノゥヴァ(ボサノバ)・ギターリスト
バーデン・パウエルの名演。

多くのヴォッサ(=ボサノバ)アーティストが
プレイしている有名な曲ですが
バーデンのこのヴァージョンは
ギター・インストですが
歌モノの歌詞を見れば
日本語では「悲しみ」という意味で
この明るい曲調とは真逆の
かなり悲しい内容の曲です。

  

M-3 Rei 「Don’t Wanna Kill My Soul」

3曲目はリクエスト曲で
神戸出身24歳のシンガー・ソング・ギターリスト
Reiの最新4曲入りEP「CRY」から。

幼少期からブルーズに大きな影響を受けた
Reiは10代のころに米国留学なども経験済みで
その英語力の語感を活かした
「J-POP離れ」したサウンドは
同世代の女性アーティストとは確実に一線を
画しています。

今年は海外フェスなどの出演もありで
ますますスケールの大きいアーティスト
として活躍しています。

Amazonでの配信はありませんが
CDは「Music Book」付仕様の限定盤。

※Spotifyでの配信はありません。

M-4 ROD STEWART 「Reason To Believe」

ユニバーサルミュージック、『ロックの“最高傑作”50』キャンペーン中
番組では勝手に応援企画といたしまして、この50枚のアルバムからキャンペーン期間中
毎週1曲をマツモトの選曲にてお届けいたします。

いよいよキャンペーンも終盤に近づき
かけたいアルバムからの選曲も限られてきましたが
その意味もあり今回は「絶対に紹介せねばならない」
僕の大推薦盤から選曲しました。

ロッド・ステュワート(スチュアート)が
フェイシス(FACES)との活動期間と同時に
マーキュリー・レーベルで制作していた
ソロ・アルバムの3作目は本作収録の
「マギー・メイ」の大ヒットとなり
その成功がフェイシスの解体を
加速することになっただろうといわれるのが
この1971年発表の「Every Picture Tells A Story」。

今回はその「マギー・メイ」とともに
アルバムからシングルカットされたもので
オリジナルは65年の米カントリー・シンガーの
ティム・ハーディンの曲のカヴァーで
ロッドのヴォーカルが光る傑作バラッドです。

 

あなたからのリクエスト募集中(^^♪

…さて、あなたのお好きな曲、アーティスト、興味をお持ちになったものはありましたでしょうか。
番組ではみなさんからのリクエストを募集しています。
あなたの好きなアーティスト、曲、それらにまつわる想い出なども添えて教えてくださいね。

「週刊ガラRADIO」の詳細はコチラ

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!