自分にとって大事なことを、常に思っていたほうがいいです

マツモトです。
いつもありがとうございます(^^)/

 

前回 は
ホンネを言うことで
誰かを助けることもある
ということを書きました。

 

気をつけたほうがいいのは

目の前のトラブルめいたもの…
今はトラブルになっていないけれど
なりそうなもの
感情のもつれ、違和感など

何もかもスルーしてしまって
ため込んでしまうことで
さらに大きなトラブルがやってくる
可能性が大きくなる場合があります。

 

もちろん
いちいち不満や文句を言う

というのは論外として(笑)

そんなに自分の都合ばかりで
人生生きられませんからネ(≧▽≦)

 

今までも申してきましたように
ここでも基本になるのは

他人は変えられない

という前提で、だから

自分はどうありたいのか

だと思うのです。

 

目の前にイヤなことがある

それでも

ここでいたいか
ここでやりたいことをやるのか
この人といたいか
この人と一緒でも
やりたい動機に変わりはないのか

そう考えることは
つまり

自分が好きなこと
自分が楽しいこと
自分がやりたいこと
自分が達成したいこと
自分が行きたいところ

これらについていつも
真剣に考えること

だと思うのです。

 

それらに対する
自分の思いを傾ける
キモチの度合い

みたいなものによって
自分の取るべき行動も変わる

と思います。

 

ホントに大事なことは
なんでしょうか。

言わずにおいて
周りとうまくやる

うまくできた
その向こうに
何がありますか。

思い描いた理想は
明るく楽しい笑顔は
ありそうでしょうか。

 

言わずにガマンすれば
それが見えますか?
それとも
言ってお互いにスッキリすれば
それが見えますか?

モヤモヤの先は?
グジグジの先は?

そのもっと向こうに

本当に見たいもの

は、ありますか?

 

 

それが見えないかぎりは

言うか言わないか
そのものが大事なのではない

と思うのです。

 

 

※よかったら メッセージ や facebook 
 
のコメント欄にでもかまいまんので
 気軽にご感想お寄せください。
 僕の ラジオ番組 のほうにも大歓迎です(^-^) 

 

 

さて、最後に今日の一曲です。

THE WHO
「I Can See For Miles」

書いていてこの曲のフレーズ
「I Can See  For Miles And Miles…
(僕は遠くまで見通せるんだ)」
が頭に鳴り響いたので選曲しました。

ところがどちらかというと
相手(もちろん女性)の心の奥まで…
といった若干コワい感じの歌詞です|д゚)

しかしながら67年発表のこの「Sell Out」
というアルバムは名盤です!

このアルバムは
アルバム一枚まるごと
仮想のラジオ・プログラムのように
見立てた作品。
短いMC、CM、曲、ジングル…そして
インパクトのあるジャケット・アートワーク含め
コンセプチュアルな作品となっています。

今でこそ広告とタイアップする曲
なんて当たり前なのですが
ザ・フー自らこうした商品広告を
パロディ化して話題を呼ぼうとした作品
と言われています。

※実際にスポンサーを募集したが
 集まらなかったという説も。

   

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

Twitter でマツモトをフォローしよう!