今この瞬間に自由になったほうがいいです。

警告
マツモトです。

いつもありがとうございます(^^)/

 

前回 の更新から
少し時間が空いてしまいました。

ブログは本来なら判で押したように
毎日少しでも欠かさず書き綴るのが
さらなるアクセス数の獲得など
SEO的にもいいのでしょうが(笑)

まぁ夏休みみたいなもの

と考えていただければよろしいかと(≧▽≦)

さほど深い理由もなく
気づけばこれだけの時間が経っていました。

自然のままに、の結果ですね、ハイ(≧▽≦)

 

さて

前回 は
人のためや世の中のためにがんばる
よりまずは自分の好きなことが何か
を見つけるほうが大事
ということを書きました。

 

題名だけ読むと

何てことぬかす奴っちゃ!

と思った人もいると思いますが…

最後まで読んでくださった方は
真意がおわかりいただけたかと思います。

 

僕が書いていることは
いつも

まずは自分

ということを何度も言っています。

 

 

今日は隣国から僕らの国に
ミサイルが撃たれました。

 

油断していると
自由の保障されない時代に
いよいよなってしまうかもしれない

そんな気が少しだけしました。

 

しかし
この先の戦後から72年間

本当に「自由を生きた」

と言える(た)人は

一体どれくらいいるのだろう

と考えます。

 

他の国と比べれば
とても衛生的で
ひとり当たりの収入も高額
教育識字率も高く
職業選択の自由度も高く
恋愛も婚姻も離婚も自由

こんなに自由な国

なのに

いつもどこか
満たされない気持ちでいる

自分の人生を生きていない

もっと自由になりたい

と思っている

 

心のどこかで。

 

 

今日の砲撃は

どこか自分を見直すための

合図なのかもしれません。

 

自由はいつでもあるわけじゃない

でも本当はいつだってあるのだ

 

自分がそう思えば。

 

 

※よかったら メッセージ や facebook 
 
のコメント欄にでもかまいまんので
 気軽にご感想お寄せください。
 僕の ラジオ番組 のほうにも大歓迎です(^-^) 

 

 

さて、最後に今日の一曲です。

キリンジ
「エイリアンズ」

元能年玲奈こと、のんさん出演のLINEのCMで流れて
思わず「懐かしい~」と思った人も多いのでは?

「渋谷系」なき後の系譜を継ぐような
メロウなサウンドで当時僕も聴いていました。

元々兄弟で活動していましたが
袂を分かち、今はお兄さんが引き継いで
多人数のバンドに変わって現在も活動中です。

21世紀に入ったばかりの2000年に
発表されたものですが決してもろ手を挙げての
ハッピー感のようなものはなく(苦笑)
全体のサウンドも凝ったものが多かったと思いますが

歌詞もまたどこかシュールな感じが僕がしていて
この曲も一聴しただけでは理解できない緊張感
がどこか漂っているような気がします。

世間はITバブル全盛の時代でしたが
どこか頼りなく重苦しい世相を反映していた
のかもしれません。

そして今もこの曲の持つ「行き場のない」
ような空気は続いているのかもしれない
と思って選びました。

  

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!