誰かの生き方をそっくりそのまま真似なくてもいいです。

真似なくていい
マツモトです。

いつもありがとうございます(^^)/

 

前回 は
人は何か特別なことをしなくても
もともとやさしい存在である
ということをお話しました。

 

 

昨日はサッカー日本代表が
W杯出場を決めてくれました(祝)\(^o^)/

僕はカズこと三浦知良選手と同学年で
ジーコの来日やJリーグ発足はリアルタイム世代で
「ドーハの悲劇」「ジョホールバルの歓喜」
と呼ばれるW杯予選における数々におけるドラマも
テレビで見ていました。

その頃から思うと
今はW杯に出るのが当たり前
という国になったことは
それだけ途方もないほどの時間と
人々のチカラがあったのだと思えば
胸が熱くなります。

 

そして昨日は
勝利の喜び冷めやらぬ中
監督が試合後に
自らのプライベートが原因で
自身の去就について触れていたようです。

その時の代表主将の長谷部誠選手の言葉に
僕はとても感銘を受けました。

「プライベートで大きな問題」ハリルが会見で衝撃発言…今後の去就も不透明に

(ゲキサカ [2017.8.31] より)

命を賭けてでも勝ってW杯出場を
決めなければならない状況で
そして実際に勝った後に
ともすれば個人的な事情になど
向き合うことも許されなかっただろう
自分たちの立場にありながらも

愛情とともに監督へのリスペクトを含んだ
コメントをしていたことに
敬服してしまいました。

 

言葉自体はなんてことはないのでしょうが
ものすごい緊張の後での勝利の歓喜という
「極度な緊張からの緩和」
という状態である上での思慮深さはさすがです。

 

彼の本が一時話題となり
ベストセラーになりましたが

  

 

「心・技・体」
とはなるほどよく言ったもので

ココロだけ
カラダだけ
ワザだけ

でなく三位一体バランスよく
「整える」ことが大事

ということなのでしょうね。

 

ただこれも
彼にとってはベストな生き方でも
皆が皆その通りに行動できるどうかは
それは「人による」と思います。

世の中「絶対の法則」があれば
皆その通りやればしあわせになれます。

でも人の数だけしあわせのカタチも違う

と僕は思っています。

大体のところは合っていても
細かいところはそれぞれ違います。

だからといって
彼の意見や行動様式を取り入れることはない
という否定をしているのではないです。断じて!

 

自分が見習いたいところ
自分が学び参考にしたいところ
自分でも今すぐできそうだなと思うところ
そして実際すぐに行動してみる

そのわずかな一歩程度の変化
それだけでもすごいことだと思います。

すべてにフォーカスしすぎて
「自分には無理だ」
「自分には関係ない」

とどこかで否定する気持ち…
それがもったいない、と思うのです。

 

日本代表がW杯の常連国になったように
なんでも最初はわずかな一歩から
できることをやってきた結果が
昨日の勝利につながったのだ
と思います。

 

最初はそうやって

できそうなことだけ

でいいんですよ。

自己都合で始めて
自己都合でやめてもいい。

他のやり方がいい
と思えば変えればいい。

 

まず最初の一歩を
自分の好きなやり方で
自分の好きなタイミングで
始めてみればいいのです。

 

その小さな一歩が
やがてどうなるのか

そのイメージをふくらませて
ワクワクしてくると

どうしても
やらずにいられなくなりますね。

 

そうやって
自分のために
いろんなことを取り入れる
無理せずやれることだけ
でいいのです。

 

長谷部選手の本も言葉も
自分のやる気のエンジンをかけるための
エンジン・キーである、ただそれだけです。

 

顔をゆがませながら
長谷部選手の人生をなぞらえて
真似してそのまま生きようとする必要なんて
まるでないのですものネ。

 

自分だけの人生のために
ワクワクさせてくれる誰かの言葉や行動を
素直に取り入れていきたいものです。

このブログもそういう存在であったら
うれしいです(≧▽≦)

 

※よかったら メッセージ や facebook 
 
のコメント欄にでもかまいまんので
 気軽にご感想お寄せください。
 僕の ラジオ番組 のほうにも大歓迎です(^-^) 

 

 

さて、最後に今日の一曲です。

濱口祐自
「The Entertainer」

僕の地元・和歌山が生んだギターリストの
濱口祐自さんのセカンドアルバム収録の
原曲は「ラグタイムの王様」と呼ばれた
スコット・ジョプリン(Scott Joplin)
1902年(!)作曲の名曲。

70年代に映画「スティング」の主題歌となり
いわずとしれたサッカー日本代表のチャント曲
でもあります。

祐自さんのこの曲を聴くようになってから
代表戦で必ずこの曲が浮かんできます。

ちなみに祐自さん御本人も学生時代
サッカー部に在籍していらしたとか(本人談)。

      

※Spotifyでの配信はありません。

参考までにスコット・ジョプリンのもエントリしておきますね。

  

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!