週刊ガラRADIO 2017.9.10 第206回 プレイリスト

「週刊ガラRADIO」ロゴ2

M-1 SONNY LANDRETH 「Walkin’ Blues」

昨年の Peter Barakan’s Live Magic にも出演し
来日を果たしたサニー・ランドレスがブルーズの名曲を
カヴァーしたアルバム「Bound By The Blues」から。
元はロバート・ジョンソン(ROBERT JOHNSON)のもので
マディ・ウォーターズ(MUDDY WALTERS)や
グレイトフル・デッド(GREATFUL DEAD)もカヴァーした
ブルーズの名曲。

M-2 STEELY DAN 「Reelin’ In The Years」

前回の番組終了後の深夜。9月3日に
スティーリー・ダン(STEELY DAN)の
ギターリスト、ウォルター・ベッカー(WALTER BECKER)
の訃報が流れました。

ちょうどバンド(というかユニット?)の相方で
古くからの友人であったドナルド・フェイゲン(DONALD FAGEN)が
ツアーの真っ最中で、さすがにその後の日程を
一旦中断しているようです。

こちらは72年のデヴューアルバム「Can’t Buy A Thrill」より。

 

M-3 STEELY DAN 「Everything Must Go」

そしてもう一曲は一応最後のオリジナルアルバムとなっている
2003年の「Everything Must Go」からのタイトル曲。

結果的に最後のアルバムになってしまったことから
タイトルも意味深なものになってしまった感がある。

僕はこのバンドの音が当時オシャレな感じで
あまり好きになれずにずっと今まできたのですが
今回を機にあらためていろんな曲を聴くと
「食わず嫌い」がいかにもったいなかったかと
思わざるを得ないなぁと後悔しきりでした。

いつもは同じアーティストの曲を複数かけることは
少ないのですが、今回は僕の大事な友人が
彼らの相当なファンであったこともあり
彼との友情に感謝する意味も込めてかけました。

そう思うと盟友を失ったフェイゲンの悲しみたるや
想像にあまりある、と余計にそんなことを考えてしまいますね。

  

あなたからのリクエスト募集中(^^♪

…さて、あなたのお好きな曲、アーティスト、興味をお持ちになったものはありましたでしょうか。
番組ではみなさんからのリクエストを募集しています。
あなたの好きなアーティスト、曲、それらにまつわる想い出なども添えて教えてくださいね。

「週刊ガラRADIO」の詳細はコチラ

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!