しんどくなったら、思い出してみたらいいです。

母子
マツモトです。

いつもありがとうございます(^^)/

 

少しごぶさたしてしまいまして、失礼しました<m(__)m>

さて…

前回 は
自信がない、と考えるのはやめよう
ということをお話しました。

 

時間が空いてしまったので
前回の続きに何を書こうと思ったのか
すでに忘れてしまっておりまして…(;^ω^)

もしかしたらニュアンスが変わってしまっているかもですが
「今思う、今感じる」ことを素直に書いていきますので
おつきあいくださるとありがたいです(^^ゞ

 

さて

自信をなくすことはない

…といってもなかなか
ハイ、そうします!
ともスグには変われないな~と思うかもしれません。

僕も自慢じゃないですが
未だにすぐ自信なくします(;^ω^)

自分の存在なんてちっぽけなもんやな
自分のやってることなんて別に需要ないしな

とかなんとか…

そういう風にマイナスに考えそうに
何度もなったりしてます。

 

しかしそういう時には
一度立ち止まって思い出してみてほしいです。

これまで生きてきて

ただ単純に
うれしかったこと
しあわせだな、と思えたこと

きっとあったはずです。

 

ネガティヴ、マイナスな感情が支配していると
そうした過去の喜ばしい体験を思い出すことも
むずかしいかもしれません。

そんな時には

静かに目を閉じて
まず深呼吸をすること

できるだけゆっくりゆっくりすること

まずそれだけに集中してほしいのです。

ただ息をするだけに集中するのです。

 

そうしているうちに気持ちがゆったりしてきます。

落ち着いてきたな、と思ったら
少しづつ昔のことを思い出してみてください。

特に子どものころ、幼いころの楽しい思い出…
遠足や旅行
仲よしの友だちと遊んだ風景
両親にほめられたこと

…などどんどんさかのぼってください。

 

 

小さいころはしんどかった
思い出したくもないことばかりだ

という人ももしかしたらいるかもしれません。

そんな時は赤ちゃんを想像してください。

産まれて間もないような
白いふかふかの布にくるまれた赤ちゃんを。

その周りには必ず笑顔の人が誰かしらいるはずです。

それを想像してください。

そして

その赤ちゃんは自分自身だ

と思ってほしいのです。

 

どうでしょうか…

何かしらしあわせな気分ややさしい気持ちに
なれたのではないでしょうか。

 

自分はれっきとしあわせだったし愛されている

ということを自分で感じられるようになると
ずいぶんとラクになれると思います。

 

気休めと感じるかもしれませんが
こういうことは一回だけじゃなくて
何度もやればいいのです。

やっているうちに
自分の中で何かが変わってきます。

最初は少しの変化かもしれませんが
その気持ちの変化を大切に
しんどくなったり
自信をなくしたりした時は
何度でもいいのでやってみてくださいね。

 

 

実際やってみたらどうだったか
また感想などもお待ちしています(^^)/

 

※よかったら メッセージ や facebook 
 
のコメント欄にでもかまいまんので
 気軽にご感想お寄せください。
 僕の ラジオ番組 のほうにも大歓迎です(^-^) 

 

 

さて、最後に今日の一曲ですが
今日は一曲というよりは
こうしたイメージを作っていく場合に
使えるBGMとしてよいプレイリストを紹介します。

Various Artists
「Musical Therapy」

ラヴィ・シャンカールのようなまさに王道的な
インド音楽のインストゥルメンタルもあり
コルトレーンやオスカー・ピーターソンなどの
ジャズもあれば、クラシックはもちろん
レディオヘッドまで多彩なインストナンバー中心の
楽曲で構成されており、ゆったりした気分で
集中するにはピッタリかな、と思います。

Spotifyでは他にも
勉強に集中するためのBGMや
ヨガや瞑想のためのBGMなどもありますので
まだSpotifyを使ったことがない人は
ぜひアプリのダウンロード後に検索してみてください。

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!