週刊ガラRADIO 2017.11.26 第217回 プレイリスト

M-1 ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS 「Moanin’」

今回は今年で誕生100年を迎えるとされる「ジャズ」の名曲を特集。
僕、マツモトも「ジャズ」というジャンルを
違和感なく聴けるようになったのは40代に入ってからでした。

今回は初めてジャズに触れる人でも
「これならどこかで聴いたことあるぞ」
という耳なじみのありそうな
いわば「超」入門者向けのものを
いくつかピックアップしてお届けしました。

まずは1958年発表のアート・ブレイキーのナンバーから。
この曲はNHKEテレの「美の壺」のテーマ曲として使用されています。

 

限定のSACD仕様のまもなく発売されるようです。

  

M-2 HELEN MERRILL with CLIFFORD BROWN 「You’d Be So Nice To Come Home To」

1955年の作品で、この曲も多くのCMソングなどに使用されていますね。
なんといってもヘレン・メリルのこのヴォーカル…
子どもの頃からよく聴こえていたナンバーですが
オトナ(オジサンw)になってから聴くと
ただのいい曲を超えたなんともいえない艶めかしさを感じます。

(あぁ…年取ったな…オレ(;´Д`))

  

M-3 CHET BAKER 「But Not For Me」

1954年に発表されたトランぺッターであるチェットの
ヴォーカル・アルバム「Chet Baker Sings」のオープニング曲。

当時このアルバムは「女性が歌っているもの」と勘違いされた
という曰くつきのもので
それだけチェットのヴォーカルが
いかに個性的であったか、とわかりますね。

個人的にも大好きな作品です。

  

M-4 BILL EVANS TRIO 「Waltz For Debby(Take 2)」

1961年のニューヨークのヴィレッジヴァンガード
(アノ本屋さんではないですよ(笑))でのライブ録音盤のタイトル曲。

この時のメンバーのベーシスト、スコット・ラファロがこの録音の数日後に
事故死してしまったため、伝説のアルバムになってしまいました。
ラファロが存命だったらどれだけ偉大なミュージシャンになっていただろう
と思います。

これも僕が初めて買ったジャズのアルバムのうちの一枚でした。

  

M-5 THE DAVE BRUBECK QUALTET 「Take Five」

1959年の「Time Out」というアルバムに収録されたこの曲も
たとえジャズを知らない人でも聴いたことがあるくらいの名曲。

日本でも栄養ドリンクのCMなどに使われて毎日のように流れていました。

ちなみにこのカルテットのリーダーのブルーベックはピアニストで
メインのサックスはポール・デズモンドがプレイしており

僕のようなジャズ門外漢などは最初
このサックスはブルーベックが吹いているもの
と当然思っていました。

ジャズをよく聴く人からすれば苦笑いにもならない話ですが
そう思えば若いころにジャズを好きなおじさんの友人たちは
もれなくミュージシャンのクレジットなどのチェックが細かかったな~
と思いました。

ちなみにブルーベックの弾くピアノの魅力も満載のこのアルバムも
長らく僕の愛聴盤です。

  

M-6 BUD POWELL 「Cleopatra’s Dream」

1958年の発表の作品ですが
この曲も多くのミュージシャンにカヴァーされ続けている名曲です。

僕が初めてこの曲を聴いたのは
当時好きだった村上龍さんのトーク番組のテーマソングだったもので
バドの弾くヴァージョンではなかったのですが
(もしこれをお読みで当時のことをご存知な方がいらしたら
 どなたの作品だったか教えてください)
毎週この曲が流れてくると番組が始まる、ということで
今もって好きな曲です。

  

M-7(Ending) NORA JONES 「Don’t Know Why」

最後はどうしてもかけたかったノラ・ジョーンズ。
時間内に収めることができなかったので
いつのエンディングのボビー・チャールズの曲を
特別にお休みしてこちらに差し替えました。

ノラのこの曲は
ジャズの名門レーベル「BLUE NOTE」から発売され
BLUE NOTEレーベルが21世紀の新時代にも
しっかりと続いていくことに最大のアピールをした
…そんな作品になったのではないかと個人的には思います。

もちろん僕にとっても今も愛聴盤です。

  

 

なお、今回の特集はユニバーサル・ミュージック・ジャパンさんの
「ジャズ100年キャンペーン」でもご紹介されている
名曲の数々にもエントリーされております。

なぜ今年がジャズ100年にあたるのか、といった
起源についての解説もあります。
今回、特に初めてジャズに興味を持った方など
ぜひユニバーサル・ミュージック・ジャパンさんのサイトを
ご覧いただき、自分の好きな作品などを見つけるキッカケに
なさってみてはいかがでしょうか。

ユニバーサル・ミュージック・ジャパン
「ジャズ100年キャンペーン」の詳細はコチラまで
http://jazz100th.com/

 

なお、今回の曲はすべて
こちらのSpotifyのプレイリストで聴くことができます。
ぜひチェックください(^^)/

 

あなたからのリクエスト募集中(^^♪

…さて、あなたのお好きな曲、アーティスト、興味をお持ちになったものはありましたでしょうか。
番組ではみなさんからのリクエストを募集しています。
あなたの好きなアーティスト、曲、それらにまつわる想い出なども添えて教えてくださいね。

「週刊ガラRADIO」の詳細はコチラ

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

Twitter でマツモトをフォローしよう!