メリー・クリスマス☆彡

マツモトです。
 
フツーの書き込みはおひさしぶりです。
 
 
この秋から事情で
番組のプレイリストやイヴェント告知をのぞいて
個人的な書き込みを控えてました。
 
 
 
 
けー
 
どー
 
 
 
 
ふた足ほど早かった冬眠から
ぬけだして
 
ボチボチ復活、といきます。
 
 
 
 
ひとまず
 
 
大切な人と一緒の人も
ひとりぼっちの人も
元気な人も
今悲しみの中にいる人も
 
今日生まれた人も
今日旅立った人も
 
あまねくすべての人に
 
メリー・クリスマス☆彡
 

Song for today

 さて、今日の一曲はもちろん

クリスマス・ソング…ということになりますが。
 
数多あるクリスマス・ソングから
何か一曲だけを選べ
と言われたら迷わずこの曲を選びます。

 

THE POGUES featuring KIRSTY MACCOLL
「Fairytale Of New York」

アイルランドからアメリカへ渡った
移民のカップルのやり取り…というか
いわゆる犬も食わない妙齢夫婦のののしりあい(?)
を男女のかけ合いのように構成されています。

実際に男はポーグスのシエインと
女はこの曲のプロデューサーのスティーヴ・リリーワイトの
奥さんであったカースティ・マコール(残念ながらすでに故人)
とのデュエットによる構成になっており
この二人のヴォーカルがまたなんとも「らしい」のです。

しかしながらののしりあいつつも
お互いに夢や希望を持って愛し合い
ともに時を過ごした重みというか
最後には互いにしか理解しえない「心の機微」と
時の流れを認めつつ
「夢」はくすぶりながらも
まだこの胸の中にしまってある

という歌詞の内容は
齢50を経た僕にとって
初めて聴いた20代前半のころより
深く深く染み渡るのでした。

 

※よかったら メッセージ や facebook 
 
のコメント欄にでもかまいまんので
 気軽にご感想お寄せください。
 僕の ラジオ番組 のほうにも大歓迎です(^-^) 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!