休んでいた理由を白状します…

マツモトです。
 
 
ボチボチ復活、といきます。
 
と書きましたが
 
 
 
この3か月何をしていたか
というと
 
ある企業様にお世話になり
そちらに期間限定の派遣社員として
お仕事をさせていただいてました。
 
 
働きながら書くこともできたのですが
 
うまく時間を使うことができなかったので
番組関連以外の書き込みは休もうと決めました。
 
おかげで
そうすることによって
ある程度距離を置いて
客観的にこのブログサイトや
自分自身の過去と未来について
思い直すためのよい時間となりました。
 
 
その仕事も昨日(27日)で契約満了となり
退社の運びとなりました。
 
 
自分にとっては派遣社員とはいえ
10年ぶりの会社勤めであり
大手企業さまの大所帯でしたので
それほどの人数で働くとなると
実に25年ぶりのことでもありました。
 
 
一体こんな長いこと自由にしていた自分が
本当に最後まで務まるのか…
 
と不安でしたが
 
同期の派遣社員の仲間や
上司、先輩のみなさんが
とてもよくしてくださったので
なんとか最後までやり遂げることができました。
 
 
番組収録もこの間にはあったので
早退や休暇をいただく必要があり
申し訳ないと思いつつ
そのような個人的な申し出にも
快く応じてくださいました。
 

そしてなにより
今回「働きに出る」という
自分の生活を大きく変化させたことで

これまでこのブログや
いろんな方々のご相談を聴いてきたことを
自分自身で実践していく場としても
最大のアウトプットの場所
になりました。

 
 
もちろんすべてがうまくいった
わけではありませんでしたが
その反省とともに
多くの新たな気づき、体験がありました。
 
それらはまた
このブログや番組、DJイヴェントなどで
フィード・バックしていこうと思います(^^)/
 
 
ひとまず
お世話になったみなさま
本当に、本当にありがとうございました<m(__)m>
 
 

Song for today

 さて、今日の一曲ですが
 
 
昨日は仕事終わりで
派遣同期たちと打ち上げ飲みをしました。
 
年齢も育ってきた環境も
生きてきた人生もそれぞれまるで違いましたが
 

そんな中で出会い、同じ時間と空間を過ごし
何かを乗り越えた者同士でしかわからない感情があります。

それは「友情」というものなのかもしれません。

今どきそういう言葉もこそばゆいですが
そういうことを遠慮なく言える

だからこそ「友」なわけなのです。

 

エレファントカシマシ
「俺たちの明日」

今年念願の紅白出場も決まった
エレファントカシマシの2007年のシングル。

彼らとは同い年で僕が大学生の時に
彼らはもうデビューしていました。
同じようにバンドをやっていた僕にしてみれば
うらやましい限りでした。

今はまったく比べるまでもない人生ですが
それでもこのような曲を書いて歌ってくれるのは
フツーのおじさんの人生を送っている僕にとって

男同士っていいもんだ
男に生まれてよかった
まだまだ俺たちは終わってない

と思わせてくれる貴重なアーティストです。

 

また、会おうぜ (^_-)-☆

 

 

※よかったら メッセージ や facebook 
 
のコメント欄にでもかまいまんので
 気軽にご感想お寄せください。
 僕の ラジオ番組 のほうにも大歓迎です(^-^) 

お気軽にフォローください

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!