愛はちゃんと使わないと…コワいですよ

昨日の記事で「永遠の愛はない」と書きました。

そう考えるのはなんとなくさみしいのではないか
と思われるかもしれません。

「誰からも愛されないよりはたくさんの人に愛されたほうがいいじゃないか!」
と思われるでしょう。

それは、そーです。

ただ…

「永遠ではない」と自覚することが大事だ

ということなのです。

いつも誰かに愛されていないといけない
いつも誰かがそばにいてくれないと自分はダメだ

と思っていると

愛されるためにいつも相手に何かしてなければならない

と考えるようになり、そのように行動するようになるでしょうね。

これは恋愛ということに限らず
友人でも親子でも師弟であってもあると思います。

これをお互いに思っていれば何も問題はないのですが
ほぼそういうことが完全にバランスを取られて行われることがない
と僕は思うからです。

結果的にどちらかが
「足りない」と充足感を得られなかったり
「不公平だ」と同じことを相手に求めたり
ということが起こります。

僕(私)はここまであなたを愛しているから
僕(私)はあなたに同じかそれ以上に愛される権利がある

と、どうしても思っちゃいますよねぇ…。
だって人の子ですから (;^ω^)

人は誰でもたいてい
無意識に相手に見返りを求めてしまうもの

です。
それを思うな!という話ではなく

だからこそ
愛情を与えあえる間はいいのですが
そのバランスがいったんくずれると

相手を奴隷にすることも
憎悪の対象にすることもできる

と思うのです。

そのことを自覚することです。

愛ってちゃんと使わないとコワいな

ってことなんです。

相手も、自分も傷つけることができますから。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます(^-^)

 

※よかったら メッセージ や facebook のコメント欄など
 気軽にご感想お寄せください。
 (facebookでの友人申請を希望される場合は必ず「ブログでみました」など
  ひと言メッセージをいただけると助かります。ない場合は承認できかねますので
  ご了承ください)
 僕の ラジオ番組 「週刊ガラRADIO」のほうにも大歓迎です(^-^) 

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!