いっつも自分にダメだしばっかりしてるあなたへ

他人は変えられないけれど
自分は今この瞬間からでも変えられる

と、何度もこのブログでは書いています。

 

もちろんあなたにそれを伝えたいからですけれど
同時に僕自身への戒めの言葉として書いてます。

何度も何度も繰り返し使うことで
あなたに伝えると同時に自分自身にも伝えているのです。

いろんな人が毎日ブログを書いていらっしゃいます。
最新のテクノロジーに関することからアプリの使い方やら
それこそ毎日のお弁当の写真だけを載せているものまでいろいろあります。

僕はできるだけこれを読んでくださるあなたの何か役に立てたら
と思って僕がここ10数年の間に少ないお小遣いの中で勉強してきたことなどを
ここで書くことが多いです。

とにかくひとりで悩んできました。

なぜ自分ばかりこんな目に遭うのだろうか
なぜ自分はいつもうまくいかないのか

といつも誰かと比較しては悩み続けてきました。

ある時から「あぁ、これではずっと悩みは消えないな」とわかりました。

なぜ自分はダメなのか?と自問したところで答えなど出るはずがありません。

だって


ダメだから

…です(;^ω^)

こういうのを「愚問」て言うんや~とずいぶんと後になってわかりました(;’∀’)

カンタンな話ですが
今しんどいと感じてる自分になぜこうなったのかとか
自問したところで
「あの時あんなことをしたから」
と自分のした間違った選択を、もともと悩みやすい僕の場合は思い出して
「ホンマオレはアホやった」とさらに落ち込むか自分を恨んでしまいます。

失敗して気分が落ち込んでいる時にあれこれ考えてもあまりいい答えは出ないものです。
長年悩みの多かった自分の考えのクセがここにあったのでした。

そしてある時からそのような自問を
ある時からこんなふうに変えてみました

今自分にできることはなんだろう

この状況をかえるために今すぐできる何があるだろうか

というふうに

後悔してどっぷり落ち込む前に
ひとまず今この状況を変えられる何かができないか

と自問した方がはるかにプラスになるな~とわかったのです。

そのように質問する時点でその苦境から抜けるための準備を自ら始める
というわけです。

しんどいことはなかなか変わらない。
そうカンタンにはプラス志向の人間になんて変われない。
僕は今でもある意味そう思っています。

しかしながらこのように自問の仕方を変えることで
以前よりは悩む時間が格段に減ったように感じています。

悩んでも落ち込んでも自分の置かれている苦しい状況には変わらない
だったら自分からまずこの状況を打開する一歩を踏み出す


苦しい穴に落ち込んだら自分自身がまず大声を出して助けを呼ぶ

危険な目に遭った時ってそうするやないですか。
でないと誰も助けに来てくれませんもんね(;’∀’)

まずは自問の仕方も含め、言葉の使いかたを変えてみる。

特に自分にダメだしばっかりする人は「なんで?」ではなく「どうしよ?」
くらいに最初は考えなおすクセをつけてみてはどうでしょうか。
もちろんしんどい時でなくとも、アリかと思いますので、やってみて~(^^)/

 

今日もお忙しいところ読んでくださり、ありがとうございました(^-^)

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!