来てくださって、ありがとうございました(^^)/

今日はお知らせしてきた
映画「さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物」
和歌山上映会後のトークショウの最終回を務めさせていただきました。

満杯とはいきませんでしたが
いつもの番組リスナーさんが兵庫県から来てくださったり(しかも2名も!)で
本当にありがたかったです(^^)

 

連日、和歌山の音楽&レコードマニアのみなさんが
それぞれにいろいろな切り口でそれぞれの得意分野で
この映画にまつわる音楽や時代背景について語っておられたようでした。

最終回の僕は彼らのように音楽の造詣はそれほど深くはないので
自分がレコードマニアになったキッカケとなった
ビートルズのmono盤についてお話をしました。

  • なぜmono盤(モノーラル盤)を集めるようになったのか?
  • そもそもmono盤とは何か?
  • 通常の僕らが聴いていたStereo(ステレオ盤)と何がどう違うのか?

ということを
実際にビートルズのモノとステレオのヴァージョンの違いなどを
双方かけながら、お話しました。

  1. Norwegian Wood (stereo)  /  THE BEATLES
  2. Norwegian Wood (mono)  /  THE BEATLES
  3. She’s Leaving Home (stereo)  /  THE BEATLES
  4. She’s Leaving Home (mono)  /  THE BEATLES

1,2は僕が初めて聴いたmono盤のアナログレコードで衝撃を受けたもの。
そして3,4は長年欲しかったmono盤の最高峰的アルバム
Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band からの比較を聴いていただきました。

 

そして最後にはこの映画が和歌山で上映されるキッカケとなったのが
この春、和歌山・田辺で行われた「ピーター・バラカン 濱口祐自のDJ&ライブイヴェント in 喫茶ゴリラ」
でのピーターさんの「この映画はぜひ観てほしい」という言葉から始まった、ということもあり
最後の最後にその感謝の意もこめ、今回も濱口祐自さんの曲を選びました。


 5.Great Dream From Heaven /  濱口祐自

僕にとっての「平成最後の夏の想い出」は最高のものになりました!

主催の岩橋さん、かよんさん、そしていらしてくださったすべての人たちのおかげです。

心から感謝します!

 

またお会いしましょうね(^_-)-☆
 

※よかったら メッセージ や facebook のコメント欄など
 気軽にご感想お寄せください。
 (facebookでの友人申請を希望される場合は必ず「ブログでみました」など
  ひと言メッセージをいただけると助かります。ない場合は承認できかねますので
  ご了承ください)
 僕の ラジオ番組 「週刊ガラRADIO」のほうにも大歓迎です(^-^) 

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!