当たり前を見直そう

突然ですけれど
最近はオトナでも挨拶できない人が多くなりましたね。

目が合っても挨拶しない

講演やコンサルなどをやらせていただいていたので
いろんな店舗さま、会社さまにお邪魔することが多かったので
やはり来客の方への対応という意味では
会社のようなところで内業の人はやはりしない人も多いですね。
お店ならほぼ致命的、です。

 

前回は「いいね」が自分のハッピーにつながってます
と書きましたが

僕は子どもに小さい時から挨拶だけはしつこいくらいに教えたつもりです。

なぜなら

そんな誰でもできるようなことがもう誰でもできることになっていない
そんな世の中になったとしたら
誰もできるカンタンなことを率先してやったらどうだろう?

ということです。

マクドナルドは「スマイル0円」とメニューに書いていました。
要するに誰でもできるサービスだからです。

今や挨拶も然り、です。

ある意味これからの世の中はそうした

誰でもできると思っていた当たり前のことで
もうやらなくなってしまったこと

 

ここに「差別化」などチャンスがあるのではないか、と思います。

一度自分の「当たり前」を見直してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

今日もお忙しいところ読んでくださり、ありがとうございました(^-^)

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!