【おススメ本】これからどう生きるのか…人生の転機が訪れていると感じている人へ

しばらく更新が空いてしまいました。

今月いっぱいで今お世話になっている会社を退社することになり
その後のことで今いろいろリサーチしたりインプットしていて
睡眠も不規則気味…何度もPC前で寝落ちしてはまた寝坊しての繰り返し…(;’∀’)
今日ようやく途中で目覚めることなく連続7時間眠れました。

基本的には眠れなくても焦ることはない、と考えていて
眠れない時も無理に眠ろうとせず
「まだ読みきっていない本を読めるチャンスやん」
と思って読み出します。

たとえばこういうのをパラパラめくります。



本田健さんの「これからどう生きるのか」(だいわ文庫)

僕が一番本を読んでいた時代は2000年代の出版ブームの先駆けのころで
健さんも日本ではまだほとんど誰も書かなかった
おカネとの付き合い方の本などを出され、そして
『ユダヤ人大富豪の教え』という日本の啓発系の書籍において
今も読み続けられている、まさに「名著」を世に出されました。

こうしたいわゆる「自己啓発系」と呼ばれる本を毛嫌いする人も多いですね。
かつての僕もそうでした。
「なんとなく居心地の悪いエラそうさ」を感じていましたもので。

しかしながら30代になってからは
いろいろうまくいかないことだらけだったこともあり
「なぜ自分はこんなにうまくいかないのだろう」
と自問しながら片っ端から「生き方指南」のようなものを読んでいました。

この本は割と最近の本ですが
まさに「これからどうしていこうか?」
と迷っている方へのヒントとなることはもちろんですが
今をしっかり楽しんでいる若い人こそ読んでおいて損はないと思います。

僕のブログを読んでくださっていて
「手帳に夢を書く」とか「好きなことをやり続ける」とかに
ある程度共感くださっている方ならきっと傍らに置いておきたくなる本だと思います。
お金や仕事、家族や夢とのつきあい方などが健さんならではの視点で書かれています。


やり方や表現はそれぞれ違うだけです。
それでいいのだ、と思います。
僕自身も健さんの書いてあることを参考にしながら
ここで書いたり自分の行動の指針を作ったりと
まるでその昔好きなアーティストの曲をコピーしていて
やがて自分のオリジナル曲を作り出していく…
自分への行動へ落とし込んでいく作業は
そんなイメージがピッタリきますね(^-^)

今まさに人生の転機だな

と思ったときは
僕もこれをパラパラと読み返しています。

友達に意見を訊くのがいい場合もあるけれど
最後に決めるのは自分、です。
僕などは元来優柔不断ですので
だからこそこうした「座右の書」を持つことで
自分の奥から湧き出てくる感覚を信じられるようになり迷いがなくなってきます。

いろんな本を読んでぜひ自分にピッタリくる「座右の書」に出会ってくださいね(^-^)



今日もお忙しいところ読んでくださり、ありがとうございました(^-^)




マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!