濱口祐自さんの前座にてDJラリーをやらせていただきました。

今回のイヴェントは…

マツモトです。

以前からこちらでもお知らせしてきましたように
4月8日、和歌山・有田川町のカフェ、じょんのびさんにて
和歌山・那智勝浦在住のギタリスト、濱口祐自さんのライブの前座で
以前番組にも出演くださった友人の湯田さんとともに「DJラリー」をさせていただきました。

DJラリーとは…?

「DJラリー」とは現在のDJの世界でいうところの「B To B(Back To Back)」のことで
2人で一曲ごとに交互に曲をかけていくスタイル。
今回「DJラリー」とは僕が勝手につけました。

僕はどちらかというと曲をかけっぱなし、というよりは
尊敬するブロードキャスターのピーター・バラカンさんが行う
曲間にそれぞれの曲についての解説やコメントの入る
いわゆる「王道のラジオのディスク・ジョッキー(Disc Jockey)」
スタイルで行います。

もちろん音楽なので音そのものを「感じたままなのが本来」ではありますが
そこに何かエピソードを加えることは
毎週番組を持たせていただいているラジオDJ
としては大事なところ、と考えています。

いよいよ「DJラリー」の始まり

湯田さんとマツモト

今回このDJラリーは、事前にテーマ…どういったジャンルをかけるか、とか
どういったアーティストをかけるか、などといった取り決めは一切せず
その場で相手がどんな曲をかけるかによって自分のかける曲を決める
というやり方にしました。
そのため「一番最初に何をかけるか」が今日のDJラリーの方向性を決める
といっても言い過ぎではないのです。

まずはどちらが先にかけるかを決める「じゃんけん」を行い
僕、マツモトが勝ったので先にかけることになりました。

そして僕が最初に選んだのは
ROY BROWN (ロイ・ブラウン)の「Good Rockin’ Tonight」という曲。
Paul McCartneyもカヴァーした1950年代の曲です。
New Orleans系のアーティストを受けて湯田さんが応えてくれるわけですが…

ここから先はせっかく当日来てくださった方のためにオフレコとさせていただきたいと思います…
とにかく自分の想像した以上に盛り上がっていただいたことに、とてもうれしく思いました。

…そして、後半終了間際に濱口祐自さんも「一曲だけ」と参加くださり
大いに盛り上がりました。

最後に…

DJラリーも無事終了したのち、いよいよメインの濱口祐自さんのライブ。
これについては、いつもながらに言うことなしの素晴らしい演奏でした。
濱口祐自さんの演奏

お忙しい中、また、雨でお足元の悪い中
遠くから、また、近くから駆けつけてくださったみなさま
…本当にありがとうございました!

こうした「課外DJ」の活動も引き続き楽しくやっていきたいと思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


D
on’t Worry Be Happy!

 

マツモトヨシヒコ プロフィール

マツモト ヨシヒコ
マツモト ヨシヒコRadio DJ | Designer | Mental Suppoter | Author etc.
【20代】レコード店勤務【30代】印刷会社デザイナー【40代~現在】はがきマーケティング講師を経て、2013年よりWBS和歌山放送ラジオ「週刊ガラRADIO」メイン・パーソナリティー。【著書】「接客のプロが新人のために書いた接客の本」(共著/重版8刷/アマゾン3位)【資格】日本メンタルヘルス協会認定 基礎心理カウンセラー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でマツモトをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です